睡眠時間2時間半が4夜つづいて分かったこと。

ごきげんよう。ちつぶつぶ です。

毎日書くよ!ブログチャレンジ、6日目ギリギリでパソコンに向かっています。今朝は京都に6日ぶりに帰ってきました。

この期間、われながら何がすごいと思ったかって、自分のタフさ。

なんやかやで、睡眠時間2時間半が4夜続きました。

さすがに朝起きるときは二度寝しないように最新の注意を払いながら、朝のまどろみのお布団から出ていくのですが、

いざ動き出したら日中もまったく眠くならない。

最終日になると「座ったらヤバイかも」くらいの感覚にはなるのだけど、ありがたいことに終日立ち仕事だから眠くなるヒマもなくて(笑)というか、本当にまったく集中が切れなかったんですね。

で、帰りの電車でうっすら眠くなるものの、やっぱりSNSとかをしている間に覚醒モード。

 

つぶつぶを知って食を転換してから「もともとわりかしタフな方(運動は苦手だけど)だけど、さらに持久力ついたなあ(だからといって長距離走るとかは全くムリ)」とは思っていましたが、まさかここまでとは!

立ち仕事も荷物運びもどんどんできて、頭のキレもいい。多少テンション上がりすぎかな?とも思いますが、自他ともに認める「20代くらいの状態」と言っても過言ではなかったかも。

40代に入ってからで、6年半でのこの変化。今わたしは48歳。女性としても分かれ道を意識してしまうような年齢でこんな風に動けるのは素直に嬉しいです。

(お隣はさらに年上の万里子さん♪)

 

人の体は、20歳を境に誰もが下がり始めるのだそうです。

花が咲いたら、美しい姿を見せながらもゆっくりと朽ちていくように、どんな生物もこの自然界に生きている限り、生体としての成熟のピークをすぎれば、「萎え」る方向へ行くのはあたりまえ。

だからこそ、その下り坂をゆるやかに保ち続けられるように、体を整え気持ちを充実させていたいと思います。やりたいことをやっていくためには、自然の摂理をよく知って抗わず、最大限そのシステムを利用するのが人間のできること。

つぶつぶを始めたのはアンチエイジングのためではなかったけど、結果的になっていてお得だなあ、と嬉しいし、だから、化粧品よりもずっと効くからおいでね〜!って言いたくなっちゃいます。(笑)

ということで、明日は自宅でのセミナー開催日なのでさっさと寝ようっと。