あったのになかったことにしていた私の体調不良が本当になくなったのはこれのおかげ。

ごきげんよう。 ちつぶつぶ です。

毎日書こう!ブログチャレンジ7日目です・・1日飛びましたが。

昨日は自宅でのセミナー開催(未来食セミナーScene1)。大好きなお仕事でした。長期の出張明けでの設定は無謀かなあ、と思いながら、やってるときはむしろ絶好調なんですよね。こういうのって。

最寄り駅までお送りして、帰宅して片付け9割終わったとたん・・・睡魔にのっとられました。笑

 

今日はセミナー受講者さんの体験談からくるお話をしますね。

 

昨日ご参加くださったYちゃんは、3児のお母さん。子どものためにできるだけ健康にいい食卓を、と思っているのに・・悩みも多い、と言っていました。

自宅でつかうお塩を市販の安い物から「海の精」(つぶつぶ御用達、京都の老舗料亭店主さんもオススメ)に変えたら、すごく料理が美味しくなって喜んでいたものの、塩分のとりすぎは体によくない(と思っていた)ので、味付けは塩気を感じるギリギリのところにしていたそう。

するとある時、頻繁に「立ちくらみ」が起こるように。

あまりにひどいのでお医者様を受診したところ、「貧血などの数値はいっさいなし。でもこういう症状が出るというのは塩分不足。塩をもっと食べなさい。」と言われたのだそうです。

健康のために塩をとりすぎないように、と思ってやってきたのにまさか!と思いつつも、味付けを満足できるくらいきちんとつけるようにしたら、あっという間に立ちくらみは消えてしまったのだそうです。

正直、このお話を聞いた時、「なんていいお医者様にあたったんだろう!よかったね〜〜!!」と思いました。私自身はここ近年、まったくお医者様にかかることは無くなったので久しいですが、食事の改善で治る指導をしてくださるってまだあまりいらっしゃらないと思います。

ともあれ、やっぱり塩は大事だね、と話し合っていたら、思い出したんです。

 

私も、そういえばつぶつぶ前はよく立ちくらみしてた!

 

ということを。

自分でもびっくり!すっかり忘れていました。

でもほんとあるんですよね。何もしてないのに急に耳鳴りがしてぐわんぐわんなったり、まさに立ち上がろうとしたらふわっずーーーーーーんとなって、何かにつかまっていないと立ってられなかったり。(座り込んでしまったり)

貧血ぎみなんだ、くらいに思っていたのであるのも消えたのもあまり気にしていませんでしたが、思い返せば立ちくらみが頻繁に起こるようになったのは、

食に気をつかってプチ健康&プチエコ志向になってからだった  のです。

その後、子育ての悩みからつぶつぶに出会い、いつの間にか消えていたので忘れていたんです。

 

なんてこった!きっとこういう不調をなんとなく抱えている人はたくさんいるでしょうに。

 

つぶつぶの食術をお伝えしている中で、お塩の大切さはポイントのひとつなのです。

まずは、毎日摂取するお塩を、伝統製法でつくられた自然海塩にすること。そして、美味しい、と思えるだけきちんと摂ること。

動物は、体内のミネラル濃度を一定に保つことでいのちを繋いでいます。だから、ミネラルが取り除かれていない自然の塩を(岩塩は精製度が高すぎるのでオススメできません)信頼して食べてくださいね。

そして・・・私のように、自分の体調不良を「ないこと」にしないで気づいてあげてねー!(笑)

Yちゃん、思い出させてくれてありがとう!

 

他にもあった、忘れてた体調不良のお話はまたこんど。