ZEPETOやってみた!・・からの全く予想外で嬉しい効果のお話。

ごきげんよう。ちつぶつぶ@ブログチャレンジ頓挫から戻ってきました。
なんども懲りずにチャレンジします。生ぬるく見届けてください。

毎週の占いをチェックするなんていうことは20代で終わったはずだったアラフィフの私ですが、去年であったかの有名なしいたけ占いはついチェックしてしまいます。(毎週月曜日更新)
しいたけさんの語り口って、人を斜め下からも左38度くらいからも見てくれてる感じで好きなんです。で、2019年上半期のてんびん座は

2019年上半期、天秤座は
「イヤイヤ期に入る。
自分の美学の徹底的な追求。」

ということらしいので、腹をくくって自分ペースでいったれー!と思っています。

SNSの神、イトーちゃん

お正月明け、新しく始まった仕事でExcelとにらめっこの事務作業も新年の初レッスンも終えて、ひゅるり〜〜とアタマをゆるめたくなった私に飛び込んで来たのが、Twitterでいつもお世話になっている、イトーちゃんのツイート。

会社員であることを最大限の武器に、次世代型の会社員を生きているイトーちゃん。その勉強熱心さや学びをリアルに活かす実行力はほんと脱帽なのです。それでいてめちゃ謙虚なナイスガイなので、お会いしてもほんといい人。

そんな風に信頼をおいているので、イトーちゃんが読んだ本とか、やってみたことって、ついチェックしてしまいます。そして今回は緩みたい私のハートにピピっとくるものだったので、さっそく乗ってみました!それがこちら。↓↓↓

「若者に人気のアプリZEPETOをやってみた」

ZEPETOやってみた!

おもしろそう!でアプリをダウンロードして、
作ってみたよー!とツイートすると、
友達が色々と遊んでくれました。これがあるから楽しめるんですよね。

記念撮影ができることを教えてもらったり、

なんと鳥取砂丘を駆け抜ける青春をさせてもらってたり、

大好きなぽんこつ君とコラボしてもらったり(しかもセンターですいませんww)。

やりとりするたびに仲間が増えていって、楽しめました!
大の大人が、って言わないみんなが大好きです。

最近はSNSを使いこなす10代の人たちを見ていることもあって、一見意味不明なもの(このハッシュタグでなにするの!?みたいなのとか)でも長く大きく見てるとすごく有機的につながっていくんだなということが分かってきたので、私もこのアプリでこの先どう楽しめるのか、ゆるいまんまで見ていきたいと思います。

ZEPETOはInstagramとつながってる

で、このZEPETOが公式Instagramアカウントで世界中のユーザーを繋げているんですね。それを見に行ってみた流れで、自分のインスタアカウントも久しぶりに(本当に久しぶりに・・・)いじりました。

Instagram、やり始めた頃はポートフォリオ的な位置づけという使い方が一般的だったので、私もお料理の写真以外は載せないようにしてきました。
基本それは変えないつもりではあるのですが、せっかく世界中の人と共通のツールで遊んだんだし、ここはひとつ考え方を上書きしてみよう!

View this post on Instagram

久しぶりのインスタなので、自己紹介です。 岡田ちづ/(株)フゥ未来生活研究所 公認 つぶつぶ料理コーチ・つぶつぶマザー 40年かけて築き上げてきてしまった「私にはムリ!」と、それを隠すために身につけてしまってた「アクティブ引きこもり」。 自己啓発もスピリチュアルも歯が立たなかったのが、楽ちん料理と毎日の美味しい〜!で解決しました。 そんな経験と、持ち前の「なんか癒される」(らしい)雰囲気だけを頼りにお料理教室やってます。 #ZEPETO で作ったコが似てると言ってもらえました。こんなんで喜べるアラフィフです。

A post shared by つぶつぶマザー岡田ちづ@長岡京 (@tsubuharmony) on

お料理の写真の中に一つだけアバターがあったらおもろくない?という単純な発想で、自己紹介を書いてみました。(このアバターちゃん、似てるって評判なんですけど、いかがですか?)

ZEPETOで、4年間で初めての異常事態から抜け出した!?

実は去年はほぼ1年まるまるかけて、自分が今の仕事(つぶつぶ料理教室と未来食セミナーの講師)をすることで、来てくださる人たちに貢献できることってなんだろう?という課題を何度もなんども見つめ直してきたんです。

ところが、コレだ!と思ってもそれを軸に発信ができない、という異常事態に陥ってました。4年間つぶつぶマザーをやっていて初めてのことです。

途中まで書いてみても、どれも自分じゃないような気がしてくる。自分が経験した変化をキャッチーな言葉に変えてキラキラに見せる・・ということがどうしてもできない。そんなジレンマに襲われていました。

それなのに、それなのに・・・

このZEPETOアバターちゃんを見てもらおう!というだけの動機で書いたらなんだかスラスラと書けてしまいました。正解をかかなくちゃ、という力みがなかったからでしょうか。遊びの延長でやってみてよかった!

読む方に響くかどうかは分かりませんが、少なくとも自分では「わたし、こういう人なんです。」と納得のいく表現になりました。

40年かけて築き上げてしまった「私にはムリ!」と、それを隠すために身につけてしまった「アクティブ引きこもり」。
自己啓発もスピリチュアルも歯がたたなかったのが、楽ちん料理と毎日の美味しい〜!で解決しました。
そんな経験と、持ち前の「なんか癒やされる」(らしい)雰囲気だけを頼りにお料理教室やってます。

 

「なんもないのが私」でした。

なにかものすごく特別なキラキラ要素があるわけじゃない。

でも、明らかにつぶつぶ以前と今とでは自分の体だけじゃなくて考え方が激変した。

その経験があるから、食べ物と体と心がつながっていることを人一倍実感しているのが私。
そして、会った人になんでか知らないけどほっこりしてもらえるのが私。

たったそれだけの、「なんもないのが私」。

でも、そんな私が今までの人生で一番大好きなんです。

はあ〜〜楽になった!やっぱり無邪気な遊びは大切だ!ZEPETOありがとう〜〜!

 

最後に・・この子で遊んでると、なんと表情の豊かなこと。かわいいやんか。
アバターちゃんに表情を習おうと思った私でした。